メディプラスゲルは美顔器でイオン導入に使うジェルに最適!

更新日:

メディプラスゲルは、美顔器でイオン導入するときに使うジェルとして最適です。

メディプラスゲルがイオン導入に使うジェルとして最適な理由は2つあります。

 

メディプラスゲルがイオン導入に使うジェルに最適な2つの理由

イオン導入の効果が高い成分が配合されているから

実は、美容成分の中にはイオン導入の効果が高い成分と、効果が低い成分があります。

 

イオン導入というのは、電気の力で美容成分をお肌の奥まで浸透させる仕組みのことです。

お肌には外部の物質を内部に入れないためのバリア機能があります。

このバリア機能には、電気の膜が使われています。

 

外部の物質は、通常はこの電気の膜を通り抜けることができないのですが、イオン導入することで美容成分に電気的な効果を与えることで、電気の膜を通過してお肌の奥まで美容成分を届けることができるというわけです。

しかし、美容成分の中にはイオン導入で電気的な効果を与えられないものがあります。

例えば、保湿成分として有名な「セラミド」は電気的な効果が与えられないので、イオン導入の効果が低い美容成分です。

 

さらに、分子が大きな美容成分も、イオン導入に向かないんです。

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンは分子が大きいので、イオン導入に向かない美容成分です。

 

逆に、イオン導入に向く美容成分は、電気的な効果が与えられて、分子が小さな美容成分です。

例えば、ビタミンC誘導体やプラセンタなどはイオン導入の効果が高い美容成分です。

 

メディプラスゲルには、ビタミンC誘導体とプラセンタが配合されています。

ビタミンC誘導体は「3-O-エチルアスコルビン酸」という名称。

プラセンタは「プラセンタエキス」という名称で商品のラベルに記述されています。

 

特に、ビタミンC誘導体のような美白効果のある成分はイオン導入に向いていて、イオン導入すると手でつける場合の30~50倍の浸透効果があると言われています。

 

浸透力不足の改善が期待できるから

メディプラスゲルの口コミを調査してみると、「浸透していかない」とか「浸透が悪くてベタつく」といった意見が多くあります。

アットコスメで、メディプラスゲルの低評価の口コミ49件を調査してみると、そのうちの14件が「浸透力不足」だと書いていました。

 

メディプラスゲルをイオン導入のジェルとして使えば、浸透力が上がって保湿効果をアップできます。

イオン導入は、メディプラスゲルの欠点である「浸透力不足」を解決するよい方法だと思います。

 

さらに、実際にメディプラスゲルを美顔器でイオン導入するときのジェルとして使っている人の口コミをみつけました。

4~5年という長期間、メディプラスゲルを使っている人の口コミは信頼できますね。

肌診断でマイナス6歳という結果だったということで、うらやましい限りです。

 

まとめ

メディプラスゲルが美顔器のイオン導入用のジェルとして最適な理由をまとめます。

 

メディプラスゲルがイオン導入に向いている理由

イオン導入の効果が高い成分が配合されているから

メディプラスゲルの弱点である「浸透力不足」が改善できるから

 

以上で、メディプラスゲルとイオン導入に関する記事は終了になります。

 

最後に、メディプラスゲルの値段についてですが、公式サイト・楽天市場・Amazonで値段を比較した記事があるので、気になった方は一読してみてくださいね。

 

   

おすすめ記事一覧

1

※この記事は、メディプラスゲルを6ヶ月以上愛用している当サイトの管理人が書いております。   実は、メディプラスゲルは口コミの評価が悪いです。   例えば、20代から30代女性の2 ...

2

メディプラスゲルは、シミには効果がありません。 どうしてそう言い切れるのか。 それを、これからじっくりと説明していきます。 目 次 シミに効果があったのか(私の場合) シミに関する口コミを調査 メディ ...

3

メディプラスゲルは、朝のメイク前でも使えます。 ただし、普通に使うと化粧のときにモロモロやダマが出来ることがあるので、ちょっした工夫が必要なんです。 目 次 メディプラスゲルの朝の使用方法 わたしの場 ...

4

メディプラスゲルが自分に効果があるか、どうしたらわかるのでしょうか。 そこで今回、効果があるか見分ける方法を2つ紹介します。 目 次 効果があるか見分ける方法1.乾燥肌かどうか 効果があるか見分ける方 ...

Copyright© メディプラスゲルの悪い口コミを調べてわかった評価が低い3つの理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.